ラベル:野球

一番目に好きになった人は滅びろ‼︎

生理的遺伝子を組み間違えたのか? 100%両思いになれることがない、一番目に好きになった人を好きになってしまった事。 傷付くなら、最初から出会わなければ良かった。 振られるなら、最初から知らなければ良かった。 出会った時は清らかでも、出会った後は傷だらけになった上、その人自身のトラウマを抱える羽目になってしまうんです。 誰…

続きを読むread more

変な事を書くけど。

ふみは一回も結婚をした事がないけど、不思議に思う事があります。 過去の恋人は「生き別れ」だから、別れたら、「ただの他人」に変わります。 ふみの場合は長年、恋人と付き合った事がないから、振られた時に悲しかったのは一時的なものでした。 結婚となると、離婚を除いたら、長年に渡って相手と寄り添う事になります。 将来の伴侶との出会いは、幼…

続きを読むread more

高橋良明没後27年

今日、1月23日は高橋良明の命日です。 享年16歳と太く短く生きた人生でした。 十代で死ぬのも、これもちょっと寂しいものです。 亡くなった当初は全く信じられず 、思春期の涙を流していました。 亡くなる一年前に津のショッピングセンター?に高橋良明が来るという事で親友と行くか行かないか迷いましたが、親友が行かないと言ったため、辞め…

続きを読むread more

専業主婦になりたかった理由。

ふみは子供の頃から、専業主婦に憧れていました。 理由は女性は家庭に入るというイメージがあるからです。 小学二年生の時、山口百恵がザ・ベストテンで寿引退最後の歌唱を見た事。 中学二年生の時、高井麻巳子が全盛期の時に秋元康と結婚するため、電撃引退した事です。 その時は「女の幸せのために仕事を引退して、潔く家庭に入った事を格好良く感じ…

続きを読むread more

離婚

「結婚するより、離婚をする方が労力が要る」と言います。 離婚をしたら、夫が妻の実家に謝りに行かなければならないし、色々な手続きがあって面倒と言います。 人間関係は紙一重ですが、友達や恋人関係なら、そのまま離れたら済む事です。 でも、結婚は相手の親族や子供に迷惑を掛ける事になります。 ふみは結婚をした事がないし、相手に選ばれた事が…

続きを読むread more

父親、連れて帰って。

もう、生きるのに疲れた。 母親は嘘を付くし、ふみの幸せを全く願ってないし。 母親は一生独身で生きるアドバイスしかせず、ふみが家庭を持って欲しいと全く願っていません。 このままでは、残された人生は孤独死だけです。 嫌です。 ふみが死んでも、誰も泣いてくれません。 母親と弟は、ふみが早く亡くなる事を願っています。 ふみは元から…

続きを読むread more

もっと見る